インフォメーション

システム総費用 ¥3,000,000円(税別) ニチコン・トライブリッド蓄電システム+V2Hスタンド 太陽光発電は使って、貯めて、走る時代   家も車もこれ1台

太陽光発電はつかって、ためて、走る時代

家も車もこれ1台

ニチコン・トライブリッド蓄電池システム+V2Hスタンド

電気自動車やPHVとも組み合わせ

災害時は約1週間の電気を確保(日産リーフ62Kwバッテリーの場合)

システム総費用 ¥3,000,000円(税別)

トライブリッドパワコンVCG-666CN7 
+ 4Kw蓄電池ESS-BS 
+ V2HスタンドESS-V1 
+ 4Kwソーラパネル 
+ 基本設置工事 

家族が増えれば 4Kw蓄電池ESS-BM 追加可能

詳しくはお問い合わせください。

電気自動車をソーラーカーに。

ちょっと未来の蓄電池システム。

家庭で電気をためられる『蓄電池』システム

太陽光発電でつくった電気をためることで、夜間や非常時にも自家製の電気が使えます

新しく登場した『トライブリッド蓄電池システム』は、自宅の電気はもちろん

新たに電気自動車やPHVとも組み合わせられるようになりました。

太陽光からうまれた電気を使うことで、電気自動車はソーラーカーとして生まれ変わります。

暮らしに合わせて追加できるトライブリッド蓄電池システム

解説

トライブリッド蓄電池システムはライフスタイルに合わせて徐々に機器を追加して行けるのが魅力です。

① まずは最小限の最小限の蓄電池(4Kw)で自宅の電気を賄う

② 家族が増えたら蓄電池ESS-BM(4Kw)を増設し(8Kw)にして、蓄えられる電気の量を増やしてより安心できる暮らしを送れます。

③ EV車を購入したら家と車でやり取りできるV2Hスタンドを追加、EV車に充電するだけでなくEV車の電気を家でも使えるようになります

④ さらにEVで作った電気を無駄なく使える秘密は、トライブリッドパワコン

電気には直流と交流があり、どちらかに変換するときに少しずつ電気が失われてしまいます。
しかし、トライブリッドパワコンはそれぞれの機器に電気を移動させる際に電気の返還を殆ど必要としないので、とても効率が良い
太陽光で発電した電気を蓄えて朝夕のピーク時に利用して戦記料金を節約する使い方は売電の次の選択肢として
固定価格買い取り制度FITが終了した方にもお勧めです。

電気の使い方は室内リモコンで操作が可能 充電・放電状態が一目でわかるほか運転もどもタッチパネルで簡単に選べます。

インターネットを経由して24時間体制で安全を見守り、アップデートや機能追加も自動で行われます。

トライブリッド蓄電システムはEV車が当たり前になるこれからの時代のために開発されました
電気のエコな使い方としても、もしもの時の備えとしても注目されている蓄電池システム長く使う物だから将来のことも考えて選びたいものです。
太陽光でEV車を走らせる新しい暮らしエネルギーを自宅で作って自宅で使う家産家消を実現する未来の蓄電システムを始めましょう。

この記事を書いた人
jj-solar

jj-solar

株式会社J&JインターナショナルのWeb販売の担当をいたしております。 FIT18円でも、しっかり高利回りをたたき出せる部材のご提案をさせていただいております、また下取り案件も多数ございまして、特に中古パネルはお任せください。

お問い合わせinquiry

10:00-19:00(土日祝定休) 06-6629-8104

お問い合わせはこちら